Timesteps

 

インターネット

ヤフオク有料化騒動はその後どうなったのか

「ヤフオク」といえばYahoo!オークションのこと。これはすでにネットオークションの代名詞ともなっており、ネットにそれほど詳しくない人で知るものとなっています。

さて、ヤフオクは現在、出品量10円や、落札時に5%のお金がかかりますし、個人認証も必要ですが、以前出来た当時はこれらはなく、無料だったことはご存じでしょうか。それは途中から有料となったわけですが、その時には利用者の間でちょっとした騒ぎがありました。今日はその出来事を中心に、ヤフオクの歴史を辿ってみようと思います。
続きを読む

ジオシティーズ全盛時代の思い出を語る

アメリカYahoo!のジオシティーズが今年中に閉鎖となるようです。

米ヤフー、GeoCitiesを年内に終了へ--個人ホームページ時代の終焉とともに:ニュース - CNET Japan

ネット歴が浅い人にはご存じのない方も多いでしょうが、このジオシティーズというのはインターネットのホームページスペース提供サービスで、現在はYahoo!の一部となっていますが、もともとはGeoCities社が運営していたもので、1990年代後半のインターネット黎明期?発展期には、ここがホームページスペースの主流であり、有名な存在でした。ちなみに他にもTripodとかtoktokなんてのもありましたね。

せっかくなので、オッサンホイホイになるのを承知で当時の思い出とかいろいろ書いてみようと思います。

※2016/1/8若干追記
続きを読む

ベッコアメ・インターネット等ネット発展期の独立系ISPはどうなったか

今でこそインターネット・サービスプロバイダ(以下ISP)はYahoo!BB、OCN、ODN、@niftyやBIGLOBEといった大会社やその会社と資本関係にあるところ、もしくは通信会社の系列がほとんどを占めるようになってしまいましたが、90年代のインターネット発展期にはまだまだ独立系、もしくは出資だけ受けていて独立系に近かったISPというのは非常に数多く存在しました。
では、それらのISPがどうなったのか、それらISPの歴史を追いつつ見てみましょう。

※このエントリーは、2015/1/10に加筆修正しました。続きを読む

ネット上で度々起こっているプロバイダの突然課金(カントリーインターネット問題)

2009年、『リンククラブ』という会社がいきなり会員から一万円をクレジットカードなどの引き落としなどで徴収したことが問題として叫ばれました。

「LinkClub」を運営するカイクリエイツ、会員に無断で「セキュリティ強化費」計2億円を徴収 | スラッシュドット・ジャパン IT
■ネット料金、予告なく課金 2万人から計2億円で苦情多発 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)※リンク切れ

ここはインターネット普及期以前から「マックユーザー専門プロバイダー」という触れ込みでサービスを行っており、2000年以前は評判も良かったようです。しかしながら2000年以降はサービスも悪化し、退会する人も増えたとのこと。そして今回、ネット上での話によると、その頃から無料サービスを放置していたユーザーでも、一度クレジット番号を教えていた人からは一万円を徴収していたという話です。

さて、実はこの手の事件は初めてか、というとそうではなく、似たような事件が6年前にも発生していたのです。それを行ったのは「カントリーインターネット」というプロバイダ。
続きを読む

jside.comのドメインはそれからどうなったか

以前、『大橋巨泉がCMをしていたJside.comはどうなったのか 』というエントリーを書きましたが、それを書いてしばらくしてから「jside.com」というドメインからのアクセスを発見しました。ん? どゆこと? 過去からのタイムうんたら? とか思ったのですが、実際にアクセスしてみてその理由がわかりました。
続きを読む
 
「中杜カズサ」という名のいろいろ書いてる人。主にゲーム音楽のことやゲームの話やその他いろいろ書く。ほとんど見当たらないからインターネット史ライターでも名乗ろうかと思ったり。他にモブログ幾つか運営中(下記参照)。

中杜カズサ最新記事
最近読んだ書籍(ブクログ)
badge
このページの上部へ