Timesteps

 

規格のそれから

gif特許問題はその後どうなったのか

古いネットユーザーには、MP3同様、画像フォーマットであるGIF(Graphics Interchange Format)にも特許問題があったのをご存じの方がいらっしゃると思います。これを保有していたのはUNISYS(ユニシス)社。

続きを読む

MP3のライセンス問題はその後どうなったのか

現在音楽ファイルフォーマットとして今では当たり前のように使われているmp3(MPEG Layer-3)は、1990年代後半、ファイル容量の軽さや、その容量に比較しての音質の良さから、あっという間にパソコンでの音楽試聴のスタイルが広がってゆきました。
何よりも、CDをいちいちケースから取り出して、プレイヤーにかける手間がなくなったのが一番大きかったと思います。ですが、インターネット初期にはかなり権利者側から悪いイメージを持たれてしました。それは、MP3が事実上著作権保護機能を持たず、いくらでもコピーできることから。実際、アンダーグラウンドのサイトではCDからこれに変換された音楽ファイルが流通していました。
しかし本当に懸念されていたことは、借りたCDでもmp3として取り出して再生できる為、それまでのように一人一枚CDを買うのではなく、レンタルですませるという人が増えることだったという可能性も高いでしょう。

そういった中、mp3による流通をなんとか食い止めようと、いろいろな手法がとられました。特に悪い意味で有名なのは、コピーコントロールCD。

CCCDはそれからどうなったのか : Timesteps

その時代の混迷も、後にiPod&iTunesの登場で一気にシェアを奪われるという結果になってしまうのですが。
ともあれmp3はその利便性により普及し、パソコンで手軽にCDからのエンコードが出来るソフトやプレイヤーも多数出てきました。有名なのは「午後のこ~だ」でしょう。昔からのパソコンユーザーでは、これを使って手持ちのCDをエンコードした人は多いのではないでしょうか。

しかし、このMP3に対して、1998年以降、ドイツのFraunhoferとフランスのThomsonがライセンスの保有を主張し始めました。
続きを読む

まんぼうシールはその後どうなったのか

2006年7月1日、福岡県書店商業組合が、全国の書店で問題になっている万引きへの対策として、あるものを打ち出しました。それが「まんぼうシール」と呼ばれるもの。
続きを読む
 

 
著者プロフィール
 ■空気を読まない中杜カズサ
 ■ゲームミュージックなブログ
 ■Timesteps
 ・(Timestepsサブブログ)観測舎 ※工事中
 ■空気を読まずにマンガを読む
 ■訂正information
 ■Nakamori Report ※工事中
 ★中杜カズサのはてなブックマーク

 Facebookのnakakzsページ Facebook
 □Instagram

 ★中杜カズサのほしい物リスト(Amazon)

 twitter / nakakzs
 twitter / gamemusictw
 twitter / teiseiinfo
 
※ご連絡はcontactフォーム(外部サイト)よりお願いします。
 
 
中杜カズサ最新記事
最近読んだ書籍(ブクログ)
badge
このページの上部へ